個別装備アイテム



コンセプト 武器の攻撃回数設定と「装備拡張:武器拡張追加」にあった「耐久力システム」を移行。
「武器と防具」が所持する数だけアイテム欄を使用する。
同じ装備でも個別に武器回数や耐久力を保持するようになる。
挿入位置 個別武器コマンド・バトルレイアウト変更・戦闘キーアクション追加・装備拡張:武器拡張追加・装備改造システムより下に。
もしくは「MAIN」の近くに。
完成すると 武器に回数制限を付けることが出来て「装備破壊システム」併用で装備が破壊されるようになる。
更新履歴




☆☆☆☆☆☆ 挿入位置 ☆☆☆☆☆☆

個別武器コマンド・バトルレイアウト変更・戦闘キーアクション追加
装備拡張:武器拡張追加・装備改造システム

よりも下。

☆☆☆☆☆☆ 機能説明 ☆☆☆☆☆☆

  ● 武器回数システム

武器のメモ欄に
「<回数 10>」 等の記述を入れると設定した数値分だけしか
その武器で攻撃できなくなります。
無指定なら回数は指定されません。

二刀流の場合は「両手武器のどちらか」が「ゼロ」に
なったら攻撃が出来なくなります。

武器の攻撃回数が0になるとその武器では攻撃出来ません。
でも、その武器が破棄されることもありません。
以下、イベントコマンドを使用して回復ショップ画面や
コマンドなどで回復することが可能です。

● 耐久力システム

以前に「装備拡張:武器拡張追加」にあった耐久力システムをこちらに移しました。
メモ欄に「<耐久力 100>」などと入れるとその装備に耐久力が設定されます。
別途素材「装備破壊システム」の最新版を導入すると装備が破壊されるようになります。

設定「DURABILITY_ADD_HP」を「true」にすると「防具に設定された耐久力」
が「その値だけ最大HPに加算」されるようになります。

道具「ポーション」などのメモ欄に「<修理>」と入力するとそのアイテムを
味方に使用した場合、その味方の装備全ての耐久力が復活します。

他、イベントコマンドで耐久力を回復出来ます。

● 装備破壊システム(スクリプト併用時)
スクリプト「装備破壊システム:2/1版」を導入すると敵の攻撃で装備が破壊されます。
「味方対象アイテム(ポーションなど)」のメモ欄に「<修理>」と入っていると
対象の破壊された装備が修復されて元に戻ります。

「破損」「大破」の2種類の状態が存在し、破損装備は「黄色」
大破装備は「赤」で表示されます。
「大破」した装備は「能力がゼロ」になり装備としての能力が無くなります。
修復することで元に戻ります。

イベントコマンドでも修復が可能です。

● 装備改造・鍛冶屋システム
武器・防具のメモ欄に「<改造レベル 10>」など任意の値を入れると
その装備は指定の段階まで改造が可能になります。
無指定の場合は装備改造・鍛冶屋システムの設定レベルが上限となります。
この機能により個別に改造レベルの設定が可能となります。
装備改造項目全体に改造レベルが適用されます。

☆☆☆☆☆☆ イベントコマンド ☆☆☆☆☆☆

「start_weapon_repair」
装備回復ショップ画面を呼び出して「装備中」の武器を
お金を出して回復することが出来る。


「start_armor_repair」

装備回復ショップ画面を呼び出して「装備中」の「装備耐久力」を
お金を出して回復することが出来る。


「repair(actor_id, equip_type, repair = 1, test = false)」

actor_id : アクターのID

equip_type : 装備武器のヶ所「武器1 : 0 武器2 : 1」
* 「装備拡張:武器拡張追加」導入時は「WEAPON_TYPE」の値で指定する。

repair : 回復する回数。無指定で1回回復。

test : 無指定(記述無し)でよい。
* true にすると回復されず「a = repair(actor_id,equip_type,1,true)」
と記述すると「回復に関連する配列」を求めることができます。

例の場合「a」の中身は [回復単価, 回復数量, 合計金額]
のように値が格納されます。
単価を使いたい場合は a[2] のように値を使います。

「party_repair_all」

パーティ全員の装備中の武器回数を全回復します。


「durability_repair(actor_id, equip_type, repair = 1, test = false)」

actor_id : アクターのID

equip_type : 装備ヶ所

repair : 回復する耐久力の値

test : 無指定(記述無し)でよい。
* true にすると回復されず「a = durability_repair(actor_id,equip_type,1,true)」
と記述すると「回復に関連する配列」を求めることができます。

例の場合「a」の中身は [回復単価(価格の設定%), 回復数量, 合計金額]
のように値が格納されます。
単価を使いたい場合は a[2] のように値を使います。

「durability_repair_all(actor_id)」
指定アクターの全装備耐久力を最大まで回復します。

「party_durability_repair_all」

パーティ全員の装備耐久力を全回復します。




個別装備アイテム:Base「5月29日更新」





個別装備アイテム:Scene「12月30日更新」









テンプレートのpondt